講談社BOOK倶楽部

tsujimuramizuki

講談社ノベルス

『家族シアター』辻村深月

『家族シアター』

著者:辻村深月

発売年月日:2014/10/22単行本

定価:本体 1500円(税別)

購入する

お父さんも、お母さんも、おじいちゃんも、おばあちゃんも、
娘も、息子も、お姉ちゃんも、弟も、妹も、孫だって――
ぶつかり合うのは、近いから。
ややこしくも愛おしい、すべての「わが家」の物語。

こんな人たちが登場します↓↓
同じ中学校に通う、真面目な姉とイケてる妹。/ バンギャの姉(23)とアイドルオタクの弟(19)。
大学受験を控えた優等生の娘と、心配性な母親。/教師に憧れる六年生の息子と、大学准教授の父親。
宇宙を愛する妹と、自分の普通さがコンプレックスな姉。
赤ちゃんを連れて帰省する、藤子・F・不二雄を敬愛する若い夫婦。
息子家族と一緒に暮らすことになった、おじいちゃん。 

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE