講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス|講談社BOOK倶楽部

講談社ノベルス

6月の新刊

6月4日発売 ノベルス
『ムカシ×ムカシ Reminiscence』
『ムカシ×ムカシ Reminiscence』

著者:森 博嗣
定価:本体 1,000円(税別)

河童の祟りなのか?

大正時代の作家、百目一葉。
その一族、百目鬼悦造夫妻が刺殺され悲劇の幕はあがった。

『硝子の探偵と銀の密室』
『硝子の探偵と銀の密室』

著者:小島正樹
定価:本体 880円(税別)

大木の上、そして三重密室。
ほぼ同時に発見された二つの死体を繋ぐ驚愕の真相!
推理も調査も助手任せ。探偵は真実のみを解く。

『ベスト本格ミステリ2014』
『ベスト本格ミステリ2014』

選・編:本格ミステリ作家クラブ
定価:本体 1,280円(税別)

本格ミステリ作家クラブが選んだ2013年のベスト本格ミステリ短編&評論のすべて!

単行本 最新刊

6月10日発売
『パリ症候群 愛と殺人のレシピ』
『パリ症候群(シンドローム) 愛と殺人のレシピ』

著者:岸田るり子
定価:本体 1,600円(税別)

女×パリ×犯罪
罪に潜む蜜の味。心の闇に滑りこむ書き下ろし表題作を含む5編を収録。

『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE