講談社BOOK倶楽部

『日入国常闇碑伝(ひのいるくにとこやみひでん)』詠坂雄二|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『日入国常闇碑伝(ひのいるくにとこやみひでん)』

著者:詠坂雄二

発売年月日:2013/9/4講談社ノベルス

購入する

乱世に現れた異界・常闇とは!?
英雄とは何か――?
鬼才が放つ新伝奇冒険譚!

群雄が割拠した戦乱の時代に、突如現れた異界――常闇。
それは、天下統一を目前にした覇者の軍を飲み込んだ。
謎多きその軍勢には、風雨の中で鉄砲を撃つ技能集団、海を越えてきた碧眼赤髪の武将、死してなお戦い続ける武者などがいた。生と死が混沌とする常闇の中、彼らは何を思い生き、何のために死んだのか……!?

担当者コメント

まさに異才……! 今、最も去就が注目されている作家、詠坂雄二さんの新作がノベルスに登場です。今作はあえて言えば、伝奇ジャンルなのでしょうが、もちろんそこは詠坂さん、一筋縄ではいかない仕掛けが施されています! カバーイラストの「封」マークも、お読みいただければ、その理由がわかるはず!?

『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 『三匹の子豚』真梨幸子 高田崇史ONLINE