講談社BOOK倶楽部

『幸せすぎるおんなたち』雀野日名子|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『幸せすぎるおんなたち』

著者:雀野日名子

発売年月日:2013/8/28単行本

購入する

ご愁傷様。逃げるなら今のうち。
持ち家率、女性の働きやすさ、子育て環境満足度etc.
堂々の全国第1位!!
日本一幸福なX県へいらっしゃい。
幸せを支えているのは、この土地特有の恐ろしすぎる真実。

日本海側に位置する、とりたてて特色のない雪国・X県。
地産地消の食べ物、整った子育て環境、健康長寿。X県を彩る言葉は女たちを縛り付けて、放さない。
30歳の蒼子(そうこ)は、代々X県に土地を持つ家の一人娘。夫と2人きりで、自らの実家で穏やかに暮らしていた。彼女が自分の姿を重ねるのは、隣家を守り続けてきた番犬トウマ。年老いたトウマは、飼い主の母娘に虐(しいた)げられていた。蒼子はまだ知らない。彼女を取り巻く人々の悪意が、幸せの裏で膨れあがっていることを。「隣犬トウマの破顔」ほか
X県で暮らす6人の女性の幸せの歪みを描く、連作小説。


特集ページへ

担当者コメント

「X県にだけは足を踏み入れるものか。こんな田舎いやだ! でも、ありそう……あるのかも……?」と、初めてこの物語を読んだとき、その不気味さに心がざわついたことが忘れられません。そして、読んでいるときは終始、怖さとおもしろさに原稿を置くことができませんでした。怖いだけではない、爽快さを持った物語なのです。また、女性の息苦しさや葛藤も描き込まれていて、共感する部分もたくさんありました。この濃密な小説の装丁に、イラストレーターのさやかさんが、ゾクゾクするすばらしい絵を寄せてくださいました。読後見ると怖さ倍増です! ぜひお手にお取りください。

『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE