講談社BOOK倶楽部

『バラトルムの功罪 天青国方神伝』高里椎奈|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『バラトルムの功罪 天青国方神伝』

著者:高里椎奈

発売年月日:2012/7/4講談社ノベルス

購入する

「海の底で涙を流す巨鳥」
水神伝説が残る港町に
隠された悲しき真実!

“冒険&謎解き”王道ファンタジーシリーズ最新作

天青国の暗部に触れ、叛逆者となった15歳の“元”士官候補生イオン。
真の敵を見極めたいと始めた「邪神」探しの旅は、水神を祀る部族が暮らす港町へ。
一族の秘密を教えてもらう代わりに領主と交わした契約は何と「海賊退治」!
イオンは海賊退治にはありえない者達を仲間にする突飛な作戦で行動開始!
滑り出し上々、だが思わぬ落とし穴が!?

担当者コメント

講談社ノベルスのファンタジーを牽引する高里椎奈さんの新作をお届けします。
冒険小説としての面白さは誰もが認めるところです。でも忘れないでください!
高里さんはミステリー作家でもあります。思わぬところで驚きの展開が!
作品を一度読み始めたら、貴方はもう高里さんの掌の上……。
さあ、一緒に翻弄されましょう!

7月の新刊

『#柚莉愛とかくれんぼ』真下みこと 『希望と殺意はレールに乗って アメかぶ探偵の事件簿』山本巧次 『家族パズル』黒田研二 『QED 憂曇華の時』 高田崇史 『カエルの小指 a murder of crows』道尾秀介 『創竜伝14 <月への門>』田中芳樹 『カナダ金貨の謎』有栖川有栖 『犯人選挙』深水黎一郎 『法月綸太郎の消息』法月綸太郎 『medium 霊媒探偵城塚翡翠』相沢沙呼 高田崇史ONLINE