講談社BOOK倶楽部

『短篇五芒星』舞城王太郎|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『短篇五芒星』

著者:舞城王太郎

発売年月日:2012/7/12単行本

購入する

第147回芥川賞候補作!
怒り、悲しみ、喜び、涙する。ここに舞城文学のすべてがある。

衝動で動き出すだろ?動き出す以上、何か結果っつうか、答みたいなもんが欲しくなるだろ?その衝動にも何か意味付けしたくなるっつうか、まさか何にもないなんて思いたくないだろ?でもさ、そのまさかなんだよ。衝動に根拠とか理由とかないから。まったくのゼロからいきなりポンと生まれて人をぐいぐい動かしちゃうのが衝動ってもんだよ。そんなもんで動き続けてもまともな結果にも答えにも辿り着かないし、そもそもの意味も何もないんだ。人を迷わせる悪魔だよ。惑わせてるんじゃない、ドーン!と一発最初に背中を押すだけで実際に迷路にまで引きずり込むのがその衝動って糞だよ
――「美しい馬の地」より

『短篇五芒星』特集ページ

担当者コメント

文芸誌「群像」三月号に掲載された『短篇五芒星』が三度目の芥川賞候補に選ばれました!この作品は、純文学・ホラー・ミステリ、と舞城王太郎が駆けめぐってきたあらゆるジャンルを内包した作品集になっています。舞城ファンなら、読まずにはいられない!舞城作品未読の方は、この疾走感!躍動感!破壊感!に痺れてください。読めばアナタの中に、「衝動」を伴い何かが「生まれる」。今、最も危険な作家、舞城王太郎のすべてがここに詰まっています。

7月の新刊

『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『うつくしい繭』櫻木みわ 『救済 SAVE』長岡弘樹 『幸福の王子 エドマンド』『虚飾の王妃 エンマ』榛名しおり 『古事記異聞 オロチの郷、奥出雲』 高田崇史 『ふたりのトトロ -宮崎駿と『となりのトトロ』の時代ー』 木原浩勝 『インド倶楽部の謎』 有栖川有栖 『新・水滸後伝』(上)(下) 田中芳樹 『森籠もりの日々』森博嗣 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE