講談社BOOK倶楽部

『キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム』一田和樹|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『キリストゲーム CIT内閣官房サイバーインテリジェンスチーム』

著者:一田和樹

発売年月日:2012/4/4講談社ノベルス

購入する

オペレーション・ユダ発動!!
サイバー空間に巣食う犯罪に挑む!

201x年「キリストゲーム」とよばれるゲームが若者の間で流行する。「導き手」のためになる何かをした後、「救い主」が自殺する、というのがルール。「導き手」と「救い主」が出会うためのネットサービス「法王庁」の参加者は数百万人に達し、毎日数十人の「救い主」が命を絶つ! 社会危機を打破するため、内閣官房配下の諜報組織CITはゲームの全容解明と根絶を目的とする「オペレーション・ユダ」を発動した。

担当者コメント

かのLグループの関連会社の社長を歴任したサイバーセキュリティの第一人者である筆者だからこそ描けるネット社会の裏側に潜む恐怖をぜひ体感してください。

4月の新刊

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE