『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』高田崇史|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』高田崇史 パズルの天才・千波くんが怪談に挑む! 大人気のユーモア論理ミステリー

著者コメント

もう10年も前のこと。神宮前のとあるバーで美味しいカクテルを飲みながら当時の担当のS木さんに、

「『メフィスト』に何か連載してみませんか。高田さんの趣味を題材にしたような作品を」

と言われました。そこで、歴史物以外で何か……と二人で(飲みながら)考えたその結果、個人的趣味満載の「千波くんシリーズ」ができあがりました。
そして、どうせならば「日常」に「パズル」を持ち込むのではなく、「パズル」に「日常」をはめ込んでしまえ――ということで、こういった作風になってしまいました。
しかし実はこちらも当時は「QED」同様、長期連載は全く考えておらず、4月の話から1月の話までの短編10本(つまり、浪人期間中の話)で終了する予定でしたが、意外にも(?)読者のみなさんからの反応が良く、今回の『千葉千波の怪奇日記 化けて出る』で5冊目――都合、短編20本・長編1本の上梓となりました。
みなさんには、心から感謝しています。ありがとうございました。

その「千波くん」も、今回の作品を以て完結となります。こちらも個人的にとても愛着があったシリーズなので、「QED」とはまた違った意味で、万感こもごも到るものがあります。
また、今回は特別編として「立って飲む―『立ち呑みの日』殺人事件―」を書き下ろしました。
これは、11月11日に都内で実際に開催される「立ち呑みの日」イベントとのコラボ作品という初めての試みです。
ぜひみなさんも千波くんやぴいくんたちとご一緒に、怪しげなパラレルワールドに迷い込んでください。但し、引き返せなくなっても責任は取れません。本当だよ。

プロフィール 高田崇史(たかだ・たかふみ) 昭和33年東京都生まれ。明治薬科大学卒。
『QED 百人一首の呪』(講談社ノベルス)で、第9回メフィスト賞を受賞しデビュー。

担当者コメント

高田崇史さん、怒涛の2ヵ月連続刊行! 11月は天才高校生探偵・千葉千波くんのシリーズ最新作が登場です!! 10月に完結した『QED』シリーズでも垣間見える、高田さん作品のもう一つの魅力――ユーモア感覚がいっぱいの本シリーズ。この「化けて出る」では、千波くんが学園の七不思議を解き明かしていきます。パズルあり、笑いあり、そしてもちろん背筋がヒンヤリする恐怖も……。さらに、書き下ろし特別短編も収録して(このお話、ほんとうにおもしろいんですよ)、1冊のなかに楽しみどころ満載の短編集です。ぜひ、ご一読ください!

千葉千波の事件日記シリーズ

ページトップへ

『図書館の魔女 烏の伝言(つてこと)』高田大介 『恋と禁忌の述語論理(プレディケット)』井上真偽 『神の時空-貴船の沢鬼-』高田崇史 『無貌伝 ~最後の物語~』望月守宮 『純喫茶「一服堂」の四季』東川篤哉 『○○○○○○○○殺人事件』早坂 吝 『都知事探偵・漆原翔太郎 セシューズ・ハイ』天祢 涼 『さいとう市立さいとう高校野球部 甲子園でエースしちゃいました』あさのあつこ 『神の時空 倭の水霊』高田崇史 『未来S高校航時部レポート TERA小屋探偵団』辻 真先 『悲業伝』西尾維新 『ムカシ×ムカシ Reminiscence』森博嗣 『渦巻く回廊の鎮魂曲(レクイエム) 霊媒探偵アーネスト』風森章羽 『りぽぐら!』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 『ベテラン新人』発掘プロジェクト 作品募集中! 高田崇史ONLINE

11月の新刊