講談社BOOK倶楽部

『物の怪』鳥飼否宇|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『物の怪』

『物の怪』

著者:鳥飼否宇

発売年月日:2011/9/6講談社ノベルス

購入する

河童! 天狗! 鬼!
論理の刃が物の怪を斬る。
新説・妖怪ミステリ!!
幻惑の本格ミステリ! 推理作家協会賞候補作「天の狗」を収録!

鬼払いの秘祭を取材するため、植物写真家の猫田夏海(ねこたなつみ)は、生物の知識に精通した<観察者(ウォッチャー)>鳶山久志(とびやまひさし)らとともに、瀬戸内に浮かぶ現代アートの島――悪餌(おえ)島を訪れた。その夜、ご神体として“鬼の腕”が収められた神社で、神事の準備をしていた女性が宝物の刀で惨殺される! 洞窟に潜む羅刹の正体を、生物探偵が解き明かす! <観察者>シリーズ最新作にして異才・鳥飼否宇の真骨頂!!
(――「洞の鬼」他二編を収録)

担当者コメント

妖怪の仕業としか思えない陰惨な殺人事件。その犯人とは!? 河童を……天狗を……鬼を……生物学的視点から<観察者(ウォッチャー)>鳶山久志が完全解体!
ミステリとしても重厚な味わいを持ちつつ、思いもよらぬ妖怪の正体が明かされていく様はまさに圧巻。本格ミステリの傑作がここに誕生しました!

9月の新刊

『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『神の時空 -京の天命-』高田崇史 『しあわせな死の桜』竹本健治 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE