講談社BOOK倶楽部

『つぶやきのクリーム The cream of the notes』森博嗣|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『つぶやきのクリーム The cream of the notes』

『つぶやきのクリーム The cream of the notes』

著者:森博嗣

発売年月日:2011/9/15単行本

購入する

世界の見え方を変える。作家・森博嗣の“つぶよりのつぶやき”。

「何から手をつけたら良いのかわからない状態とは、なんでも良いから手をつけた方が良い状態のことである」
「大部分の失敗は、やらなければならない失敗だった」
「子供は自由だというが、大人ほどではない」 ──本文より

つぶやきのクリーム 特集ページ

担当者コメント

ミステリィ作家、森博嗣のつぶやき……。

原稿の入稿作業をしながら、ふと手が止まることが幾度もありました。ひとつひとつはシンプルな言葉にもかかわらず「確かにそうだよな……」と納得したり、 「私はこれがきちんとできているのだろうか?」と自分を顧みたり、「ん? どういうこと? ……なるほど!」と膝を打ったり。読めば読むほど考えさせられるつぶやきたちの奧に広がる世界に在するのは鏡に映った自分自身かも知れません。

若い人にはもちろん、仕事に悩んでいる人、日々をのんびり暮らしたい人、何か面白いことがないか探している人、多くの人に読んで欲しい「つぶやき」が詰まっています。

9月の新刊

『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『神の時空 -京の天命-』高田崇史 『しあわせな死の桜』竹本健治 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE