講談社BOOK倶楽部

『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』倉阪鬼一郎|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『人面屋敷の惨劇』

『五色沼黄緑館藍紫館多重殺人』

著者:倉阪鬼一郎

発売年月日:2011/9/6講談社ノベルス

購入する

絢爛なトリック!
拡散された伏線!
戦慄の終幕劇!!

某県・五色沼のほど近くに唐草模様で彩られた黄緑館・藍紫館という名の面妖な洋館が並んで佇んでいる。深い霧と降りしきる雪の中、館のお披露目パーティーが開催された。が、招待客はわずか4人。奇妙なムードの中、第一の殺人が!! 被害者は「怪物が……」と死の直前に呟く。連鎖して起こる不可能殺人! 衝撃の真相が待つ!!

担当者コメント

もはやアートの域に達したバカミスの最終進化型です。

9月の新刊

『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『神の時空 -京の天命-』高田崇史 『しあわせな死の桜』竹本健治 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE