講談社BOOK倶楽部

『真夜中の探偵』有栖川有栖|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『真夜中の探偵』

『真夜中の探偵』

著者:有栖川有栖

発売年月日:2011/9/14単行本

購入する

密閉された「水の棺」で元探偵が溺死!
両親の跡を継ぎ、探偵になると固く心に誓った純の推理!
少女探偵・ソラ、第一の事件!

平世(へいせい)22年──すべての探偵行為が禁止された日本。空閑純(そらすみ・じゅん)は、17歳。両親ともに有名な探偵だが、母の朱鷺子(ときこ)は4年前から行方不明。父の誠(まこと)は昨年、警察類似行為で逮捕され、収監されている。純は伯父の住む大阪で一人暮らしをはじめる。
母の行方の手がかりを探すなか、父母に仕事を仲介していた押井照雅(おしいてるまさ)という人物と会える機会が訪れる。数日後、押井の別邸で水に満たされた木箱に入った溺死体が発見された。被害者は元探偵で〈金魚〉と呼ばれていた男だった。容疑者リストに入った純は、自ら「水の棺」の謎を解くために調査をはじめる。
純は探偵としての一歩を踏み出せるのか?

有栖川有栖 特集ページ

担当者コメント

有栖川有栖さんの新シリーズがついに始動! 探偵ソラの誕生前夜を描いた『闇の喇叭』と、探偵ソラ第一の事件となる『真夜中の探偵』が同日発売です。パラレルワールドミステリーとしても、主人公の成長物語としても、そしてもちろん本格推理小説としても楽しめる、このシリーズ。主人公は高校生の少女・純。実は、有栖川作品では少女が主人公というのは初めて! 今後も続々シリーズ刊行予定で、すでに第三作のタイトルまで決定しております! まったく新しい有栖川ワールドが紡ぎ出すミステリシリーズ、どうかお楽しみに!

9月の新刊

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE