講談社BOOK倶楽部

『闇の喇叭』有栖川有栖|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『闇の喇叭』

『闇の喇叭』

著者:有栖川有栖

発売年月日:2011/9/14単行本

購入する

探偵行為が禁止された国で殺人事件に挑むこと──
それが女子高生・純の宿命だった。
少女探偵・ソラ、誕生前夜。

大東亜戦争後、日本は南北に分断され、北海道は<日ノ本共和国>として独立。日本国内では北のスパイが暗躍し、政府は警戒を強めていた。
――そして平世22年。私的探偵行為を禁止する法律が成立し、探偵狩りが行われている現代。少女・空閑純(そらしずじゅん)は、かつて名探偵として名を馳せた両親に育てられたが、母親はある事件を追う最中に行方不明となっていた……。母の出身地である奧多岐野(おくたきの)に父とともに移住し、帰りを待っていた純だったが、そこで発見された身元不明の他殺死体が、父子の日常を破壊する! 存在意義を否定された探偵に謎が牙を剥くとき、新たな物語が動き出す!!

有栖川有栖 特集ページ

担当者コメント

パラレルワールドミステリーとしても、主人公の成長物語としても、そしてもちろん本格推理小説としても楽しめる、このシリーズ。主人公は高校生の少女・純。実は、有栖川作品では少女が主人公というのは初めて! 今後も続々シリーズ刊行予定ですので、どうかお楽しみに!

9月の新刊

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE