講談社BOOK倶楽部

『無貌伝 〜人形姫(ガラテア)の産声〜』望月守宮 『琅邪の虎』丸山天寿|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『琅邪の虎』丸山天寿 「500年生きた虎は   人虎となる」古代王の祟りの謎を解け!痛快中国歴史ミステリー!! 『無貌伝 〜人形姫(ガラテア)の産声〜』望月守宮 孤島に棲む人形に命が宿るとき惨劇の幕が上がる!メフィスト賞受賞作シリーズ新作登場!
『琅邪の虎』

『琅邪の虎』
丸山天寿

購入する

「虎が人の姿をして、災いを振り撒く」
鬼(ちょうき・虎に喰われた人の妖怪)の警告直後から始皇帝時代の港町・琅邪で奇妙な事件が続発する!
「神木の下の連続殺人」「暗躍する謎の集団」「人間の足が生えた虎」「始皇帝の観光台崩壊」
――全ては虎を遣わした古代王の祟りか?
恐怖に陥る人々を救うため、求盗(警察官)の希仁や伝説の方士・徐福の弟子たちが、異能を駆使して真相に迫る!

これは在りし日の名探偵と生まれいずる怪人の物語――。

「人形を見せてあげる」
遥はそう言って、怪異が集まる島に秋津を誘った。
そこに住むのは、幼き彼女の姿をした人形と、男たち。
遥の失踪。消えた一日の記憶。破られた封印……。
命の灯が一つ消えるたび、一体の人形が動き出す。
孤島に秘められた悲愴な真実に秋津はたどりつけるのか!?

著者コメント

望月さん

よく、こんな言葉を聞きます。
『ペットとして飼われている犬は自分のことを人間だと思っている』
ならば、人形はどうなのでしょうか。幼い女の子たちの手で弄ばれている人形たちは、人間と同じ形をした、しかし肉とは異なる素材でできた自分たちのことを、何だと考えているのでしょうか。そして、自分たちが演じているのとは違う生の人間の生活を見て、何を感じているのでしょうか。そんな、人形たちのつるつるに乾いた瞳に映るものが見たい。そういう想いでこの小説を書きました。
この作品の中で人形たちは命を得て、目を覚まします。彼女たちは人形として愛された日々のことを忘れてはいませんが、同時に今何をすればいいかもわかりません。しかしそれは、この小説の主人公である秋津承一郎と岬遥、若き日の名探偵とその妻にとっても同じことです。やがて彼らはみな、自分がどう生きるかという選択を強いられることになります。彼らが何を思い、どこへ向かうのか、見届けていただけたら幸いです。

プロフィール

望月守宮(もちづき・やもり)
2008年、『無貌伝 〜双児の子ら〜』で、第40回メフィスト賞を受賞しデビュー。

丸山さん

今日は。丸山天寿です。
古代中国には、人に化身する動物がいました。「狐」「猿」そして「虎」です。いずれも里近くに棲む動物ですが、狐や猿と違って、虎は「虎妖」と呼ばれ人々の大きな恐怖の対象でした。
虎はただ人を襲うだけではなく、妖力で人に変化して社会に紛れ込み、人を喰らうのです。伝えられている虎妖の犠牲者は数えきれません。それはただの昔話だったのでしょうか?
琅邪山に棲む虎が現れたのと同時に、町に不思議な事件が続きます。連続殺人、人の失踪、観光台の崩壊、古代王の祟り。それらの事件と虎の因果関係は?
恐怖に怯える琅邪の民を救うために、希仁そして徐福と弟子達が異能を駆使して謎に挑みます。謎解きと活劇と歴史秘話。天寿ワールドをお楽しみ下さい。

プロフィール

丸山天寿(まるやま・てんじゅ)
1954年、長崎県生まれ。福岡県立八幡南高等学校卒業後、陸上自衛隊勤務を経て、古書店を開業。ライフワークである邪馬台国研究を進めるうち、自身初の小説となる『琅邪の鬼』を着想。2010年、第44回メフィスト賞を受賞し、デビューを果たす。現在、福岡県北九州市在住。

担当者コメント

無貌伝 〜人形姫の産声〜

西尾維新に激賞され、華々しいデビューを飾った、メフィスト賞受賞作の「無貌伝」シリーズに新作がついに登場です!
物語のターニングポイントとなるシリーズ三作目……。
怪人・無貌の誕生、名探偵・秋津の過去が描かれる必読の物語です! (Y)

琅邪の虎

「前例がない!」「読後感爽快!」と田中芳樹氏から絶賛され、またNHKニュース「おはよう日本」で紹介された話題のデビュー作『琅邪の鬼』刊行から半年、早くも第二作が登場します。今作も驚くような怪奇事件が続発! 魅力あふれる登場人物たちが事件解決へむけて手に汗握る攻防、緻密な謎解きを繰り広げます! そして最後には感動も!! 新人とは思えぬリーダビリティ、そして疾走感……中国モノに抵抗感があるという方にも読んでもらいたい作品です。ぜひお手にとってご覧ください! (P)

立ち読み

『琅邪の虎』を立ち読みする 『無貌伝 〜人形姫の産声〜』を立ち読みする

一問一答

応募先にメフィスト賞を選んだ理由は?

丸山さん

一つは編集者が全て読むということ。次に全ての応募作に、座談会でのコメントなり一行コメントなり、必ず評価をしてくれるということです。

望月さん

枚数制限なし、締め切りなし、応募したら必ずコメントがもらえる、の三点が魅力的だったから。あと歴代受賞者に好きな作家さんが多かったし。

デビューして明らかに変わったこととは?

丸山さん

原稿に向かっている時間が以前よりもはるかに長くなりました。

望月さん

投稿時代のように「次は何を書くか」で延々と悩むことがなくなりました。シリーズ物だから当然っちゃ当然すね。

メフィスト賞受賞作で一番好きな作品は?

丸山さん

『QED 百人一首の呪』

望月さん

好きな作品はいっぱいあるけど、一つ選ぶなら『ハサミ男』。ずっと騙されていたことに気づいた瞬間の、あの全身を貫くような快感ときたらもう。思い出すだけでハァハァしてしまいます。

望月さん、丸山さん、お会いしたことのない二人ですが、お互いにどんな印象をお持ちでしょうか?

丸山さん

望月先生は、独自の世界を創造出来る方だと思います。無貌伝はSFとしても楽しめました。

望月さん

古今東西の良書、奇書の山に囲まれながら、その中心で岩のようにどっしりと構えて執筆してらっしゃるイメージ。もちろん万年筆と原稿用紙で。時折むんずと手を伸ばし、書の山から自在に読みたいものを抜き取り、しばし読み耽り、また執筆に戻る。きっとそんな方でしょう。

今作を四文字熟語でたとえると?

丸山さん

痛快無比

望月さん

忘我彷徨
しっくりくるものがなかったので、造語にしてみました。

ここだけは誰にも負けない今作のポイントは?

丸山さん

中国伝説の新解釈と史実の危うい融和。

望月さん

先の読めない物語展開。中盤以降、最後の数ページまで話が裏返り続けます。

勝手に映画化キャスティング!

丸山さん

希仁―竜雷太さん(「太陽にほえろ!」出演の頃)
残虎―内藤剛志さん(「ヒポクラテスたち」(1980)の頃)
桃姫―こずえ鈴(現フリーディア)さん
陽武―石橋蓮司さん(「浪人街」(1990)の頃)
根 ―山村紅葉さん

望月さん

困りましたね。俳優さんの顔ってあまり判別がつかないので。
太っちょタレントさんならまだ見分けがつくので、こんな感じでどうでしょう。
望:昔の内山信二、秋津:伊集院光、無貌:マツコ・デラックス

作品について◎ ○ △ ×でお答えください。

丸山さん

*コワい? ○
*エロい? △
*泣ける? ○

望月さん

*コワい? △
*エロい? ○
*泣ける? ◎

○○な人にこそ、ぜひ読んで欲しい。

丸山さん

中国モノが苦手な人。

望月さん

無貌伝シリーズを読んだことのない人。今作は時系列上では最初の話なので、今作を読んでから過去の一、二作目を読むのもなかなかにオツなものですよ。

今後シリーズではどんな展開が待ち受けていますか?

丸山さん

狂生と桃姫が、始皇帝の生命を狙い巡幸を追いかけて各地を巡り、土地の伝説的な怪異や謎を解決する話を考えています。二人の馴れ初め、始皇帝配下の武人との対決なども。

望月さん

三探偵&警察VS. 無貌&魔縁の闘争が激化。主要人物がばんばん死んじゃいます。

今後チャレンジしてみたい題材、テーマは?

丸山さん

徐福やその弟子達が日本に辿り着くまでで、精一杯ですが、余力が出来れば、古代日本を舞台にした物語も書いてみたい。それに、現代の自衛隊を舞台にしたバカミス等も少し。

望月さん

現代が舞台の学園ものとか。幻想系SFとかも書いてみたいかも。

目標としている作家は?

丸山さん

都筑道夫先生。山田風太郎先生。光瀬龍先生。

望月さん

特になし。というか、作家を続けることが当面の目標。

水嶋ヒロさんに一言。

丸山さん

実は仮面ライダー時代からファンなので、作家と俳優、両方での御活躍を期待しています。

望月さん

今からでも遅くないんで、メフィスト賞をとってください。どさくさでぼくらの本も売れるはず、きっと。

最後に、新世代メフィスト大型新人として意気込みを。

丸山さん

新世代と言うには年を食っていますが、感性は若い人に負けたくないと思います。新しい解釈や試みを取り入れた、どの世代にも楽しめる歴史ミステリーを書きたいものです。

望月さん

これからもマイペースかつ適当に書きたいものを書いていこうと思います。売れれば良いな、くらいのノリで。いや、やっぱ刊行ペースだけは少し上げます。

新世代メフィスト大型新人を語り尽くす!〜担当PとYによる勝手に座談会〜

さて、みなさまこんにちは、司会のγです。今日は文学の香り高きここ、某高級ホテルラウンジより、「新世代メフィスト大型新人を語り尽くす!〜担当PとYによる勝手に座談会〜」をお送りしたいと思います。『無貌伝 〜人形姫の産声〜』担当のYさん、『琅邪の虎』担当のPさん、お願いします!

「山の上」(※幾多の作家が愛した山の上ホテル)でやるって聞いて楽しみにしていたのに、社内の倉庫でやるの? ホワイトボードやら捨て忘れのコピーやら……ただの「ゴミ山の中」じゃない! 

さっき21時のチャイム鳴りましたよねえ……。もう編集部に戻っていいですか〜。

だまらっしゃい、あなた方が「メフィスト」校了で寝る暇もないというから、酒場でホッピー飲みながらの「酔いどれ座談会」のはずがこうなったんです! ボージョレー解禁日だっつーのに!

出た〜「琅邪の虎」ならぬ「目黒の虎」γ!

「目黒の姫」と呼ばれた私に何言うの! さあ気分だけでも盛り上げるわよ。ここは高級ホテルラウンジなの、わかった! まずは各作品のメフィスト賞受賞のいきさつから。

『無貌伝 〜双児の子ら〜』。これを最初に読んだのがPさんだったんですよね。でも、選考途中で読んで、これは僕が担当したい! と奪い取って担当することになったんです。

当時は賛否両論あったけど、総じて男性からの支持が高かったから、メフィスト賞に決まったわけで。

望月守宮さんにお会いしたら、「実はこのキャラは今後こうなる」といった先々までの構想があるんです。詳しくは今言えないけど、あと4作分は軽くありますよ。

Yから自分たちの想像を超えた望月さんの構想を聞いて、作家性のある人だなと思いました。でも、それで言えば丸山天寿さんも、そう。すでに長編ネタは50本以上あるんですよ。初投稿作品で受賞して、お二方ともデビュー前から壮大な構想をなされている。新世代メフィスト大型新人のこの二人は意外と似てますね。

では、今回の作品での読みどころ、ポイントは。

今作『人形姫の産声』では、遥という女の子を模した人形が何体か出てくるんですけれど、その幻想的な雰囲気を味わってほしいです。またシリーズを通して重要な役割を果たす「無貌」誕生の謎の一部が明らかになってきます。

それは楽しみ! で、『琅邪の虎』は前作にも増して謎いっぱい、戦いいっぱい。でも、今作の一番の見どころは、ずばり感動! 徐福のすごさがすごーく分かります、出番少なくて、言葉数も少ないのにね。
描かれている人間模様も素晴らしい。それに美女も続々出ます

心をヒトデナシに奪われて、僕に仕事を押しつける「リアル」ヒトデナシPさんを感動させるって凄いですね……(遠い目)。

誰がヒトデナシじゃ。ま、それはともかく、今回実は徐福さんが出る予定はなかったんですよ。

えっ!!

なんだけど、丸山さんが高田崇史さんにお会いしたときに、「いいキャラは作品に出さなきゃ駄目だよ」と。それで史実に基づきながらも、ちょっと改変して……そしたら話も面白く膨らんだわけ。

高田さん、さすが! 「いいキャラは出さなきゃ、駄目」by高田崇史。書いて壁に貼ろう。と、日記には書いておこう。

龍角散のCM? それ分かるのって確実に40オーバーだと思うんですけど、Yって、実は年齢詐称……?

年齢詐称したいのは、私です! ところで丸山さんは執筆速度がすごく速いですよね。

現在、半年に1冊のペースですね。

むむ……。望月さん、年齢的には丸山さんの半分くらいなんだから、もう少し頑張ってもらわないと! 望月さん、この座談会読んでますか〜?  でも、書く情熱があるって素晴らしい!! 作家さんには、そういうリビドーが必要!!

いや実は丸山さん、島田荘司さんの『ベテラン新人発掘プロジェクト』告知をみて、え〜!? 追い越されないようにもっと頑張らないと、って更に燃えてます!

丸山さんは実はメフィスト賞受賞最高年齢ですよね。

そう。56歳とは思えない若さ! 情熱! モーレツ!(←死語だ) 書く速さも然りですが、面白くするために原稿を修正することにも労力を惜しまない。スバラシイですわ〜。

逆に望月さんは、若いのに老成してる(一同笑)。いや、なんていうか物事に全く動じない、非常に肝のすわった大物感のある人です。メフィスト賞受賞の連絡したときも「本当に喜んでる?」って訊いちゃいましたもん。勿論喜んでますよ、って言ってたけど。

それって、担当としてどうなの?

いや、人として凄く好きな方ですよ。どちらかというと僕が勝手に盛り上がってて、向こうが「あぁ、なるほど」みたいな。でも、心の中には熱いモノを抱えているはずです。

では、最後に、シリーズ次作の構想を少しだけ。

これまで出てきたキャラクターたちが集まり「百物語」のように順番に物語る、連作短編の形になる予定。ちなみに、タイトルは『綺譚会の惨劇』の予定です。

こちらも次回作のタイトルももう決まっています。『咸陽の闇』! 不老不死研究をしている徐福と弟子、同じような研究をする者、始皇帝暗殺を目論む者たちの三つ巴の戦いが繰り広げられ、時を同じくして都の咸陽で怪奇事件が続発します。さらには不老不死を願う始皇帝が生前墓の兵馬俑を何故作ったのかという歴史の謎にも踏み込みます!

ということで、大変盛り上がりました「新世代メフィスト大型新人座談会」、いいこころもちになってきたあたりで、PとYさんにサプライズ。Z部長登場です。

こんなところで何してるの!? P! Y! 早く「メフィスト」の校了してもらわないと私が帰れないでしょ!! 人生、逃げちゃダメよ!

γのヒトデナシ〜〜〜〜〜!!



そしてPとYは決して触れてはならない文三の闇へと消えていった──<完>

『転生(てんせい)の魔 私立探偵飛鳥井の事件簿』 講談社ノベルス鉄道ミステリフェア開催! 『南柯の夢 鬼籍通覧』 『神の時空 前紀─女神の功罪─』 『NO推理、NO探偵?』 『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE

12月の新刊