講談社BOOK倶楽部

『QED【鏡家の薬屋探偵】メフィスト賞トリビュート』メフィスト編集部・編|講談社ノベルス

講談社ノベルス

著者プロフィール

竹本健治(たけもと・けんじ)
1954年兵庫県生まれ。大学在学中にデビュー作『匣の中の失楽』を「幻影城」に連載し、 1978年幻影城より刊行。日本のミステリ界に衝撃を与えた。
ミステリ、漫画、SF、ホラーと幅広く活躍し、ファンから熱狂的支持を受けている。
2006年に8年の制作期間を経て、「ウロボロス」シリーズ完結篇『ウロボロスの純正音律』を刊行。
近著に『ツグミはツグミの森』(講談社)などがある。
西澤保彦(にしざわ・やすひこ)
1960年高知県生まれ。米エカード大学創作法専修卒。高知大助手などを経て執筆活動に入る。1995年『解体諸因』でデビュー。SFとミステリの融合や、めくるめく謎を緻密な論理で解決していくなど、こだわりに満ちた作風で新境地を切り拓いている。
主な著書に〈チョーモンイン〉シリーズなど。
また近著に『こぼれおちる刻の汀』(講談社)がある。
椹野道流(ふしの・みちる)
月25日生まれ。四緑木星・魚座のO型。兵庫県出身。某医科大学法医学教室在籍。 こしあんと唐揚げと猫が、人生には不可欠。
主な著書に法医学教室の奇談を描いた「鬼籍通覧」シリーズ(講談社ノベルス)や、 「奇談」シリーズ、「にゃんこ亭のレシピ」シリーズ(講談社X文庫ホワイトハート)などがある。
令丈ヒロ子(れいじょう・ひろこ)
1964年大阪市生まれ。嵯峨美術短期大学(現・京都嵯峨芸術大学)卒業。
講談社児童文学新人賞に応募した作品で、独特のユーモア感覚を注目され、作家デビュー。
主な著書に「若おかみは小学生!」シリーズ、『メニメニハート』「スーパーキッド・Dr.リーチ」シリーズ、絵本『ミルカちゃんとはちみつおためしかい』(以上、講談社)などがある。
時村 尚(ときむら・しょう)
1961年新潟県生まれ。アニメ制作会社に入社後、押井守氏と当時の上司の勧めで脚本家に。TVアニメ「機動警察パトレイバー」でデビューを果たす。
その他、担当作品として「らんま1/2熱闘編」「無責任艦長タイラー」「ダーティペアFLASH」
「鬼神童子ZENKI」「スーパーヅガン」「メダロット」「逮捕しちゃうぞ」「夢で逢えたら」
「July」「RAVE」「ジーンシャフト」「テニスの王子様」などがある。

高田崇史さんコメント

絵画や写真の方が被写体の本質をストレートに捉えていることもあるように、トリビュートの方が作品の本質を綺麗に表現していることもあるのです。

高里椎奈さんコメント

世界は、人の数だけ形を変える。
見る人によって姿が異なるのが世界です。善悪、美醜、喜怒哀楽。本を通して5人の方が見た世界がまた、本となって人を別の世界へと誘う、合わせ鏡の様な企画だと思います。

佐藤友哉さんコメント

混ぜるな危険

担当者コメント

確かに「鏡家サーガ」なのに、雰囲気は“THE 竹本作品”! 西澤氏が得意とする「あるネタ」が「QED」になると? 椹野氏作品のキャラクターとQEDキャラクターが歴史的邂逅! 青い鳥文庫のエース・令丈氏が、「薬屋探偵」を児童書に! アニメ脚本家・時村氏が自身の職業をネタに「薬屋探偵」を描くと? 各界の作家たちが真剣勝負で「メフィスト賞」発の人気シリーズをトリビュートしました。さらにはそれに負けじとカバーデザイン担当の装丁家までもトリビュート企画に参加!? 正直言って、こんな豪華企画が一冊にまとまると担当の私でも思いませんでした。講談社ノベルスファンならば、買わずにいられないアンソロジーです!

メフィストカルトクイズ

メフィスト初号が「小説現代臨時増刊 メフィスト」として出されたのは何年?
A:1975年   B:1986年   C:1994年
そのメフィスト第1号掲載の執筆者を下記より3名選んで下さい。
A:阿井渉介    B:赤川次郎    C:姉小路祐
D:有栖川有栖    E:菊地秀行    F:京極夏彦
G:島田荘司    H:志茂田景樹    I:田中芳樹
J:西尾維新    K:西村京太郎    L:東野圭吾
M:吉村達也
第1号掲載竹本健治さん『ウロボロスの基礎論』は何故か <第2回>。その理由は次のどれ?
A:うっかりミス 
B:ミステリー的しかけ 
C:その前に<第1回>掲載の増刊号があったから
高里椎奈さんがメフィスト賞受賞作『銀の檻を溶かして』以前に送っていた応募作のタイトルは次のどれ?
A:『太陽の輝きと月の影』
B:『硝子の光と夜明けの色』
C:『妖怪薬屋三人衆』
高田崇史さんのメフィスト賞受賞作『QED 百人一首の呪』の応募時のタイトルは?
A:『ちはやふる─百人一首の怪─』
B:『三笠の山に出でし月─百人一首の趣―』
C:『玉ぞ散りける─百人一首の呪─』
佐藤友哉さんの受賞作『フリッカー式』の応募時、自身で書いたキャッチコピーは、次のどれ?
A:「本書を読んだ後1週間は目がチカチカする感覚に襲われます。」
B:「本書は『ああっ、お兄ちゃーん』と云う方に最適です(嘘)」
C:「本書は取り扱いにご注意下さい。手荒に扱うと爆発します」
メフィスト賞が決定したものの、転居していて連絡がつかず、行方不明者として座談会で公開呼びかけを行った伝説の受賞者は?
A:京極夏彦
B:殊能将之
C:舞城王太郎
「ミステリーの館」(メールマガジン)にも毎回登場する「マダムJJ」の「JJ」の由来は?
A:本名のイニシャル
B:永遠のJJファッション好きだから
C:ジャネット・ジャクソンの熱狂的ファンだから

全問正解者の中から5名に、講談社ノベルス20周年に作られた
『密室本 メフィスト巻末編集者座談会』をプレゼント!
8月31日(火)24時まで

終了しました

8月の新刊

ページトップへ ページトップへ ページトップへ ページトップへ ページトップへ ページトップへ