講談社BOOK倶楽部

『リベルタスの寓話』島田荘司|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『リベルタスの寓話』

著者:島田荘司

発売年月日:2010/3/4講談社ノベルス

購入する

凄惨な切り裂き事件の深い闇に御手洗潔が迫る!!

2006年4月、ボスニアで発生した酸鼻極まる怪事件! 遺体には頭部がなく、縦一文字に切り裂かれた体からは内臓が取り出されていた。代わりに形状の似た異物が収められ、施された奇怪な粉飾! 殺害されたのはセルビア人の民族主義グループの男たち。ユーゴ内戦の深い爪痕が生んだ惨劇の恐るべき真相とは!!

担当者コメント

島田荘司氏が21世紀型の本格ミステリーを追求した意欲的な作品です。驚愕のトリックもお楽しみに!

3月の新刊

『新本格ミステリ30th anniversary』 『紅城奇譚』鳥飼否宇 『クジャクを愛した容疑者 警視庁いきもの係』大倉崇裕 『横濱エトランゼ』大崎 梢 『落語魅捨理全集 坊主の愉しみ』山口雅也 『ダマシ×ダマシ Swindler』森 博嗣 『人類最強のときめき』西尾維新 『誰かが見ている』宮西真冬 『神の時空 -京の天命-』高田崇史 『しあわせな死の桜』竹本健治 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE