講談社BOOK倶楽部

『リベルタスの寓話』島田荘司|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『リベルタスの寓話』

著者:島田荘司

発売年月日:2010/3/4講談社ノベルス

購入する

凄惨な切り裂き事件の深い闇に御手洗潔が迫る!!

2006年4月、ボスニアで発生した酸鼻極まる怪事件! 遺体には頭部がなく、縦一文字に切り裂かれた体からは内臓が取り出されていた。代わりに形状の似た異物が収められ、施された奇怪な粉飾! 殺害されたのはセルビア人の民族主義グループの男たち。ユーゴ内戦の深い爪痕が生んだ惨劇の恐るべき真相とは!!

担当者コメント

島田荘司氏が21世紀型の本格ミステリーを追求した意欲的な作品です。驚愕のトリックもお楽しみに!

3月の新刊

『電気じかけのクジラは歌う』逸木 裕 『ヴェールドマン仮説』西尾維新 『魔偶(まぐう)の如き齎(もたら)すもの』三津田信三 『源平の怨霊 小余綾(こゆるぎ)俊輔の最終講義』 高田崇史 『線は、僕を描く』砥上裕將 『マチのお気楽料理教室』秋川滝美 『進撃の巨人 果てに咲く薔薇』諫山 創×紅玉いづき×USA 『暗殺日和はタロットで』古川春秋 『奇科学島の記憶 捕まえたもん勝ち!』加藤元浩 『試験に出ないQED異聞 高田崇史短編集』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE