講談社BOOK倶楽部

『カンナ 戸隠の殺皆』高田崇史|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『カンナ 戸隠の殺皆』

著者:高田崇史

発売年月日:2010/2/4講談社ノベルス

購入する

捲土重来!! 歴史アドベンチャーシリーズ第5弾
高天原のリーダー『天照大神』は暗殺された!?

諒司が残した言葉をたよりに甲斐は貴湖らと長野・戸隠にある隠岩戸宮を訪れ、宮司たちの世話になる。片や甲斐の婚約者・聡美の祖父である鍬次郎も密かに社伝の行方を追わせていた。甲斐は何者かに襲われて姿を消した宮司たちを捜すうち、天照大神の天岩戸伝説にかかわる重大な瑕疵に思い至り、虚実を暴く!

担当者コメント

大人気シリーズ第5弾、満を持して登場! 前作では実の兄とも慕っていた諒司に裏切られて意気消沈した甲斐ですが、今作ではしっかり立ち直っています。諒司の真の目的を探るため、長野の戸隠へと向かうものの、天手力男命(あめのたぢからおのみこと)を祀る神社でまたもや事件に巻き込まれる甲斐一行。一方、婚約者である聡美の祖父が登場し、傳暦を巡りさらに熾烈な攻防が。シリーズ後半突入、目が離せない展開です!!

2月の新刊