講談社BOOK倶楽部

『綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(2)』綾辻行人+有栖川有栖|講談社ノベルス

講談社ノベルス

『綾辻行人と有栖川有栖のミステリ・ジョッキー(2)』

編・著:綾辻行人+有栖川有栖

発売年月日:2009/11/26単行本

購入する

“本格眼”で選り抜いた物語の妙味を
人気作家2人が解き明かす、
DJ風対談&アンソロジー!!

書を持て。ミステリを語らおう。

人気作家が本格愛をこめて贈るDJ風対談&アンソロジー続編!

創作の秘密に迫る自作解題から、都筑、連城、ラヴクラフトらの名編、
京大推理小説研に伝わる「犯人当て」快作まで、レア度満点の第2集!

綾辻氏コメント

『メフィスト』で連載中の『ミステリ・ジョッキー』第2集の刊行! です。第1集の、わりと「本格ミステリ入門」的な流れからは少し変わって、なかなかバラエティに富んだ内容になっています。
「気ままに楽しく、けれどもマジメにミステリを語らおう」がテーマのMJ。
編集部からストップがかからなければ、連載もまだまだ続く予定です。せっかくの「DJ風」なのだから、
読者からのリクエストも募集しようか、という話が出ていたりも……。
みなさん、一緒に楽しみましょう。

有栖川氏コメント

綾辻さんとDJ感覚でミステリについて語り合い、その合間にご機嫌な短編(ナンバー)が入るミステリ・ジョッキーの第2弾です。素晴らしいゲストをお迎えして、ますます面白さが増しています(当社比)。
ユニークなアンソロジーとしてもお楽しみいただけると思いますので、ぜひお手に取ってみてください。ここでしか読めない作品も収録しています。
読んでいるうちに「自分も参加したくなった」と思ってもらえたら大成功、という本ですから、
「うーん、なるほど」とか「僕の見方はちょっと違うな」とか思いながら
お読みいただくのがよろしいかと。
ミステリを語る喜びを共有しましょう。
合言葉は――ミステリって、こんなに面白い。

[収録作品]
都筑道夫「終電車」
ディーノ・ブッツァーティ「なにかが起こった」
H・P・ラヴクラフト「アウトサイダー」
小松左京「新都市建設」
連城三紀彦「親愛なるエス君へ」
別役実「六連続殺人事件」
ほか

担当者コメント

『メフィスト』誌の大好評連載をまとめた本書は、オススメの名盤(短編小説)を読んだのち、解説文とはひと味違う人気作家同士の深くて鋭いミステリ談義を、ライヴ感覚で楽しめるユニークな形式のアンソロジーです。未知なる作家や作品の魅力満載、新たな読書の愉しみ方を見つけてください!

11月の新刊

『嚙みあわない会話と、ある過去について』辻村深月 『古事記異聞 鬼棲む国、出雲』高田崇史 『人間に向いてない』黒澤いづみ 『首の鎖』宮西真冬・『虚の聖域 梓凪子の調査報告書』松嶋智左 『コンビニなしでは生きられない』秋保水菓(あきう・すいか) 『悪徳の輪舞曲(ロンド)』中山七里 『祝葬』久坂部羊 『鉄鼠の檻』京極夏彦 『キネマの天使』赤川次郎 『QED~ortus~ 白山の頻闇(しきやみ)』高田崇史 『悲終伝』西尾維新 『悲球伝』西尾維新 『悲衛伝』西尾維新 『悲亡伝』西尾維新 『悲録伝』西尾維新 『悲業伝』西尾維新 『悲報伝』西尾維新 『悲惨伝』西尾維新 『悲痛伝』西尾維新 『悲鳴伝』西尾維新 電子百鬼夜行シリーズ 京極夏彦 高田崇史ONLINE