講談社BOOK倶楽部

migiwakorumono

講談社ノベルス

『もしかして彼女はレベル97』 汀こるもの

『もしかして彼女はレベル97』

著者:汀こるもの

発売年月日:2016/2/3ノベルス

定価:本体900円(税別)

購入する

廃れたSNS・テルミィ。
集うのは哀しい少女たち。

魔法美少女・市子と神使の和風ファンタジー!

「オバケからメール、来ることってあると思う?」芹香の友人に届いた、死んだ少女からのメール。天狗の史郎坊は、送信したのは新種のサイバー妖怪だという。発信元は閉鎖間近のSNSサイト『テルミィ』。廃墟化しつつあるそのサイトには、現世をはかなむ少女たちが集っていた。(「貴方の人生は貴方のものではない」)。 純和風魔法美少女・出屋敷市子が護法たちを従え、妖怪がらみの難題を片付ける。シリーズ短編4編を収録。

担当者コメント

和風魔法美少女・出屋敷市子と護法たちの本も三冊目となりました。汀作品らしい物語の推進力、パワフルなキャラクター力、盛り盛りの雑学はそのままに、今回の本は「せつない」です。特に四話目「貴方の人生は貴方のものではない」は、登場する少女たち(もちろん市子、芹香たちも)の心情が際立っています。担当は初読時、センチメンタルな気分になりました。天狗や狐、雀に白蛇たちも元気にしていますので、シリーズファンの皆様も是非おたのしみに!